簡単にできるような薄毛改善方法

♣頭皮にあったシャンプを選ぼう

薄毛を改善するためには、頭皮の状態にあったシャンプーを選びましょう。普段から頭皮がベタつきがちの方は、洗浄力の強いシャンプーで、しっかりと皮脂を落としてください。
頭皮に皮脂が多く残っていると、頭皮が炎症を起こして薄毛の原因となってしまいかねません。
また、頭皮の乾燥しがちな方には、保湿力の高いシャンプーをおすすめします。乾燥した頭皮に洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮は不足した皮脂を補うために、皮脂を過剰に分泌してしまうからです。
シャンプーには多くの種類がありますが、なかでも「スカルプD」は、頭皮の状態にあわせてシャンプーを選べるのでおすすめですよ。

♠食生活を見直そう

薄毛を改善するためには、食生活を見直しましょう。髪の毛に充分な栄養が送られるように、栄養バランスの食事を摂取することが大切です。
栄養不足になるような過度なダイエットをしたり、ジャンクフードやコンビニ弁当などを頻繁に食べるのは控えましょう。
ちなみに、髪の成長には「たんぱく質」「ビタミンB群/A/C/E」「亜鉛」が大きく関わっていると言われています。これらの栄養素が含まれている食物を意識的に積極的に食べるようにすると”より”いいでしょう。

♠良質な睡眠をとろう

良質な睡眠をとることも、薄毛の改善につながります。睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、髪の毛の新陳代謝は進みます。睡眠不足だと、髪の毛がしっかりと成長しなくなることにつながります。目安として、6時間以上は眠りましょう。
また、成長ホルモンは眠りについてから最初の3時間のうちに多く分泌されるといわれています。ここで深い睡眠がとれるように気をつけましょう。
深い睡眠をとるには、入浴・食事・喫煙・飲酒などは寝る2~3時間前までに済ませておくといいそうですよ。

♠ストレスを解消しよう

ストレスは、直接的に薄毛の原因になるわけではありませんが、遠くから見れば、髪の毛に対しては良い影響はもたらしません。
ストレスは自律神経を乱し、その結果、血行不良を生じさせるのです。血行が悪くなると、髪の毛に充分な栄養が送られなくなり、薄毛につながります。ストレスは溜めこまないようにして、適度に発散しましょう。

前立腺肥大症の症状について

前立腺肥大症では、蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられます。

♣蓄尿症状

前立腺肥大症には、多くの場合頻尿がみられます。頻尿については、一日に何回以上という定義はありませんが、昼間(朝起きてから就寝まで)については概ね8回より多い場合、夜間は就寝後1回以上排尿のために起きる場合、それぞれ「昼間頻尿」、「夜間頻尿」と考えられます。「尿意切迫感」は、急に我慢できないような強い尿意が起こる症状を言います。

また、尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫性尿失禁」と言います。尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50~70%が過活動膀胱を合併します。過活動膀胱では、まだ膀胱に十分尿が貯まっていないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうので、すぐに排尿したくなってトイレに行く、つまり頻尿になります。

前立腺肥大症で、排尿後に膀胱内に尿が多量に残るようになると、膀胱に貯められる尿量が減って、結果的に頻尿になる場合もあります。

なお、頻尿は、前立腺肥大症以外にも、様々な病気や状態によって起こります。例えば、脳卒中やパーキンソン病などの中枢神経疾患では過活動膀胱が起こるために頻尿となります。

また、膀胱炎や前立腺炎などの感染症では、尿意が亢進して頻尿になります。高血圧、心不全、腎機能障害では、夜間の尿量が多くなるために夜間頻尿がみられます。病気ではなくても、水分を摂りすぎることによって尿量が多くなるために頻尿となる場合もあります。水分をたくさん摂ることによって、血液がさらさらとなり脳卒中の予防になるという説を信じて、水分をたくさん摂っている方が非常に多いのですが、この説には科学的根拠はなく、自分で頻尿の原因を作ることになっていることが少なくありません。

♣排尿症状

排尿困難とは、尿が出にくい症状の総称ですが、「尿の勢いが弱い」、「尿が出始めるまでに時間がかかる(尿を出したくでもなかなか出ない)」、「尿が分かれる(尿線が分かれて出る)」、「排尿の途中で尿が途切れる」、「尿をするときに力まなければならない」などの症状があります。

♣排尿後症状

「残尿感」とは、排尿後に「どうもすっきりしない」、「尿が残っているような感じがする」といった感じのことです。

また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿がたらたらっともれて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。