前立腺肥大症治療薬フィナスト

フィナスト(finast)はドクターレッディー社から開発、発売された薄毛や抜け毛の治療に使用されている男性型脱毛症AGA治療薬です。AGA治療薬で有名なプロスカーのジェネリック医薬品です。 AGA治療薬として世界中で処方されているプロペシアと同じ有効成分フィナステリドを配合しています。正規プロペシアよりもフィナステリド成分の含有量が多く、 コストパフォーマンスの高いAGA治療薬として人気のお薬です。
事実、日本国内の臨床試験において、98%の人に有効に作用したという驚異的な数値を記録しました。プロペシア⇒AGA治療薬

フィナストの成分フィナスト
フィナスト(finast)の主成分であるフィナステリドは抗アンドロゲン薬の一種で、男性ホルモンのテストステロンを前立腺肥大に関与するジヒドロテストステロンに変性させる体内酵素の働きを阻害する効果効能を持っています。
また、は薄毛の原因となる毛髪の成長を妨げるジヒドロテストステロンというホルモンを抑制することにより、毛髪の成長を助け脱毛を防ぎ、これまでは細く短かった毛髪を長くて太い毛髪に成長させる効果があります。

フィナストの使用方法
フィナスト(finast)の使用方法として、通常、1日1回1mg(1/5錠)を服用します。 この際、服用する時間を決め、服用間隔が24時間になるよう服用すると、より効果的です。
フィナスト(finast)は1錠あたりフィナステリド成分を5mg含むため、割錠して服用することがオススメです。
フィナスト(finast)を肝機能障害のある患者に投与する場合は、慎重投与の注意喚起がされています。 フィナストは、ほとんどが肝臓で代謝されるため、 肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性が確認されていません。
妊娠中や授乳中の女性は、薬剤に触れることも禁止されており、皮膚から有効成分を吸収することで、胎児の性機能に異常が出る恐れがあるので注意してください。

フィナストの副作用
先発品より安全性が認められ、AGAの対する効果が期待されるフィナスト(finast)ですが、医薬品である限り副作用があるため、フィナスト(finast)服用の時は、その副作用を事前に理解しておく必要があります。
フィナスト(finast)の副作用は主に性欲減退、勃起不全、精子減少、頭痛、腹痛、消化不良、発疹、動悸、息切れ、頭皮のかゆみ等が報告されています。服用を継続することで、気分が悪くなった場合はかかりつけの医師にご相談下さい。フィナストの副作用の発生率は2%とかなり低いものになっていますが、注意してください。